Entries

英語学習開始6ヶ月後

もうすぐ2歳、という頃のカイ。ママがしゃべっているのは日本語、ビデオのは英語、という事を理解出来ていたようです。絵カードを利用した英語あそび(1)で紹介した「どれかなカルタ」用に100枚作ったカードはとっくに全て覚えており、逆に「これは英語でなんて言うの?」と聞くと英語で答えられるようにもなりました。所詮は2歳、対象を知らなければ理解できないようなたどたどしい発音も多かったですが・・・

ただ、お話する相手がいないので当たり前ですが、「これは何?」と聞かれて英語で答えることはできても、自分から英語を話すことはほとんどありませんでした。一方、英語よりも知っている語彙が少ないであろうにもかかわらず、パパ(相変わらず多忙でカイと過ごす時間が少なかった)に対して、ごく簡単な挨拶や指示等はフランス語で言えるようになっていました。やはり、パパとの会話は少なくても双方向であるのに対し、テレビの英語は一方通行でしかないのが原因のようです。

私が英語で話しかける時間を作るという手もありましたが、私は英語が苦手だし、そもそも私は「*一人一言語の原則」に強くこだわっているので、あまり考えられませんでした。
そこで、2歳の誕生プレゼントと称して、こんな感じのぬいぐるみを買い与え、カイには「この子は英語の国から来たから英語しか分からないの(でも犬なので人間語は話せない、ということにしていました)。英語で話しかけてあげてね。」と言い聞かせたのです。

* 一人一言語の原則 = バイリンガルまたはマルチリンガルに育てたい子供に対して、ママは日本語・パパは英語、というように一人ひとつの言語のみで話しかけるというもの。多言語教育に成功した人は、これを守っていたケースが多いそうです。

この頃はまだ、絵カードや物を見せて単語を言ったり、「hello!」や「come on!」等のごく簡単なフレーズを言うだけでしたが、なでたり遊んであげたりすると喜ぶ、ちょっと本物チックなこのぬいぐるみを、カイはとても気に入り、本当の友達の様にいつでも連れ歩くようになりました。

ペット型 英会話ロボット「チャーピー」
ペット型 英会話ロボット「チャーピー」はどうでしょう?
"英語しか分からない"ぬいぐるみとして、この「チャーピー」はどうでしょうか?英語でお話もしてくれるので、一応双方向のコミュニケーションが取れそうです!私も当時試してみたかったのですが高くて・・・。でも今は期間・個数限定、モニター価格で約半額だそうです!!それでも、ぬいぐるみとしてはまだちょっと高価ですが、12000フレーズ収録の会話辞典だと思えばそうでもないかも・・・。この値段なら、日本に住んでいれば我が家にも欲しいです!!ただ、小さい子のつたない発音を理解してくれるのかどうか・・・?お持ちの方の体験談も聞いてみたいです。

クリックしていただけると更新の励みになります
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト



あなたはどんな教育ママになる?

ご存知の通り、ただでさえ多言語環境の我が家の中で、私は子供たちにさらに英語を教えています。絵本の読み聞かせもたくさんしているし、右脳教育にも興味があり、フラッシュカードも使っています。また、カイにはピアノと空手を習わせています。すべて子供たちが嫌がらない範囲でやっているのですが、「私って、いわゆる教育ママ?」と不安になります(汗)あなたはどんな教育ママになる?という心理テストをヤフーでたまたま見つけてやってみました。結果です↓


子どもは風の子! 野性児&筋肉系教育(?)ママタイプ

束縛や管理を嫌うあなたは、子どもをノビノビと育てたいタイプ。元気があって、気持ちが真っ直ぐであればいい……と思っていませんか? こんなあなたは、教育ママとは逆の自然派おおらかママになりそう。ただ、もし運動能力が高い子ができたらスポーツをやらせて、中田選手や卓球の愛ちゃんみたいな有名選手育成に力を注ぐ可能性も!?


ちょっとホッ・・・
興味がある方はぜひやってみてくださいね♪

Yahoo!占い心理テスト「あなたはどんな教育ママになる?」
http://fortune.yahoo.co.jp/fortune/psychology/pd?ty=t

絵カードを利用した英語あそび(1)

たくさんの英単語をオウム返しできるようになり、意味も多少は認識しているようなので、次のステップとして、英語を使ったカードあそびをはじめました。我が家では「どれかなカルタ」と呼んでいた簡単なゲームのですが、「ベシッ」っとたたくのが面白いらしく、カイは夢中になって遊んでいました。

まず、「あいLOVEキスゴン!」「ハローキティとハローイングリッシュ」等のカイがよく見ているビデオに出てくる単語の絵カードを用意しました。私は自分で描いたりWeb用のフリー素材で探したりしてパソコンで作成しましたが、市販の知育カードを利用すると楽だと思います。(作成時にカードの裏側に単語の綴りを書いておくと後で紹介する他の遊びにも使えます)

そして10枚ほど床に並べ(はじめは知っていそうなものを選んで、序所に難しいものを混ぜていくのがいいと思います)、読み上げられた英単語と同じカードを「べしっ」っとたたかせるのですが、最初はゲームのルールが分からないので、お気に入りのぬいぐるみを使って見本を見せます。「cat!cat!」と言いながら猫の絵をベシッッとやっているアンパンマンのぬいぐるみを見て、カイ遊び方を理解したようです。はじめの頃は分からないものもたくさんありましたが、1回使ったカードはなかなか忘れないので、たたけるカードが見る見る内に増えていきました。
※正解したら大げさなくらいに褒めるのがコツです!

「どれかなカルタ」をやらせてみたいけど、英単語を読み上げる際の発音に自信がない・・・という方もご安心を(私もそうでした)!!自分で発音しなくてすむご紹介します。

(1) Windows XP の音声合成機能を使った方法
まず、「コントロールパネル」の「サウンド、音声、およびオーディオデバイス」を開き「音声認識」を選ぶと、「音声認識のプロパティ」ダイアログが開くので、「次のテキストを使って、音声を再生する」に読んで欲しい英単語を入力して「音声の再生」ボタンをクリックするだけです。イメージ画像付の詳しい説明はこちらをご覧ください。
とても便利な機能ですが、棒読みなので文章、特に疑問系には向いていないと思います。

(2) gooの辞書機能を使った方法
Windows XP をお持ちでない方は、gooの辞書機能でも英単語の発音を聞くことができます。こちらより読ませたい単語を「英和」で検索し、単語の右下のスピーカーマークをクリックすると音声が出ます。文は発声できません。

(株)がくげい がくげい イラスト素材集 スリムパッケージ版
絵カード作りにオススメ!!イラスト素材集
動物、スポーツ、四季、食べ物などのよく使うイラストが合計1227種類、テーマ別に収録。カードを手作りする場合、使えるイラストを探したり自分で描いたりするのは結構時間と手間がかかりますが、これがあれば楽々作成できます。私はこれでたくさん絵カードを作って、英語学習だけでなく、フラッシュカードとして使い娘の右脳トレーニングをしています。ついでに年賀状作りにも使えますよ☆

ランキングに参加してみました!ポチッとしていただければ更新の励みになります
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語学習開始3ヶ月後

英語学習を始めてから3ヶ月ほど経った頃(1歳9ヶ月頃)、カイは一番良く見ていた「あいLOVEキスゴン」の発音練習コーナーに出てくる70個ほどの英単語をオウム返しで言えるようになりました。短い文も時々マネするようになりましたが、どれだけ意味を理解していたかどうかはこの時点では分かりません。2歳くらいまでの子供は、双方向のやりとりがないテレビからはあまり言葉を覚えないそうです。後に、この問題点を少しでも改善するための工夫もしました。
ちなみに、日本語の方はこの頃飛躍的に伸び、使える語彙が増え、2語文がかなり出るようになっていました。

テレビは、はじめの1ヶ月くらいは私も一緒に見ていましたが、その頃にはひとりでも集中して見られるようになっていたので、テレビを見せている間に家事を済ませることができ、とても楽になりました。
キスゴンの他には、お友達から借りた、しまじろうの「おやこえいご」や「ハローキティとハローイングリッシュ」等を20分程度ずつ、1日合計1・2時間ほど見せていたと思います。また、英語とテレビになれたせいか、しばらくするとNHK「英語であそぼ」も大好きになり、朝食後と夕食前に見るのが日課となっていました。

その頃英語教育のためにやっていたことは、ビデオの他には、車移動の際にマザーグースの英語の歌を流していたくらいです。英語での読み聞かせは(私は英語が苦手なので)やりませんでした。

その代わり、日本語の絵本はネンネのころから1日20冊以上読み聞かせていました。「バイリンガル・マルチリンガル教育の成功の秘訣は充実した母国語教育」だと思っているので、日本語での語りかけには特に力を注いでいたのです。散歩中にも、「黄色い花が咲いてるね。きれいね」「ワンワンのウンチが落ちてるね。バッチィ!!」「信号が赤だから止まって待つのよ」等、何でも良いので意識的にたくさん話しかけるよう心がけていました。また、このころの子供は自分の言葉が通じるかどうかちょっと不安だそうなので、カイが何か言葉を発したときは「そうね、○○だね。すごいねー!ちゃんと言えるんだね!!」と褒めて自信を付けさせました。

ある時、カイが英語らしき言葉を口にしました。そこですかさず、「すごい!今の英語かな?カイは英語もしゃべれるんだね!!賢いねーー!!」と褒めたところ、急にくまのぬいぐるみやおもちゃの車を指差して「べやー」「かー」と言ったのです!!それまではオウム返ししかしていなかったので、とても感動した瞬間でした。

ハローキティとハローイングリッシュ Vol.1 ◆20%OFF!
 
ハローキティとハローイングリッシュ Vol.2 ◆20%OFF!

英語のみの英語学習ビデオ
ハローキティとハローイングリッシュ。DVDバージョンは Lessons 1&2Lessons 3&4 の全2巻。着ぐるみ、アニメ、実写版の子供たちが楽しく発音や英会話を教えてくれます。10分以下にまとめられた1話毎に選んで見られるのが便利でした。ちょっとキティちゃんたちの声が高すぎて私ははじめは何を言っているのか分かりにくいところもありましたが、子供たちは喜んで見ていました(子供の声って高いですしね)。会話は英語のみなので、日本語が入るのに抵抗がある方に特にはオススメ!英語オンリーとは言え単語や挨拶が中心で、内容的にはあいLOVEキスゴンよりも易しいので、初めて見せる英語ビデオとしても最適だと思います。

カイの心を捕らえた英語教材

これぞと思って借りてきた0才からのやさしいえいごも見てくれないカイ(アンパンマンが出てきたときだけ「あーぱんま!!」と興奮気味でしたが・・・!!)。

仕方がないので、ついでに借りた「あいLOVEキスゴン」と言うビデオを見せてみることにしました。綺麗な3Dで描かれたキャラクターが可愛かったので何となく借りてみたのですが、それが今でも息子たちがお世話になっている"秀逸ビデオシリーズ"との偶然の出会いだったのです。

正直言ってあまり期待していなかったのですが、見せてみるとオープニングからのCGを駆使した綺麗な映像がカイの心を捉えたようで、初めてテレビに釘付けになって見入っていました!!
英語圏のフォニックス学習法を基にしたABCの発音練習コーナー(←リズムに合わせて歌いながら覚えられるのでなかなか楽しい。ひとつのアルファベットに対して単語を3つくらい教えてくれます。)では「"え"の口をしてごらん。そのまま"あ"と言ってみて。」と言う様に発音のコツも教えてくれるので、英語の発音が苦手な私にも勉強になります。

さすがに40分ずっとは集中できないようで、途中で遊びだしたのでその日は終了。
次の日からは、ただ見るだけでなくもっと楽しく積極的に学習できたらいいな♪と思い、一工夫してみました。

まず、カイのお気に入りのアンパンマンのぬいぐるみがいっしょにテレビの前に座ります。私は時々、お話により興味を持たせるために、「あ、ぞうさんだね!」「あいちゃんどうしたのかな?」等話しかけました。
そして、ぬいぐるみには時々英単語を口真似してしゃべらせるのです。
例えば発音練習のコーナーで「...bee♪(びーー!!)bee♪(びーー!!)bee♪(びーー!!)」(←括弧内がぬいぐるみ)という風にです。

すると、そういうものだと思ったのか、カイも時々オウム返しをするようになり、数ヵ月後には発音コーナーのほとんどの単語を、まあ、まだちゃんと言えなくて、escalator →エ・カエーダー、のような感じでしたが、テレビに合わせて言うようになりました。

【ハンドパペット】アンパンマン手踊り人形

しつけ・学習用にオススメのアンパンマンパペットです
手にはめてごっこ遊びができます。手人形の割には大きくて存在感大!!カイの時は別のぬいぐるみを使っていましたが、妹のマリナはこれが大のお気に入り。パペットの方が動かしやすくておすすめです。

カイの心を捕らえた英語教材
あいLOVEキスゴン!全三巻。最初はレンタルでしたが、長く使いそうだったので家でも購入しました。もちろん、出てくる英語の会話はすべてネイティブの発音。大人でも楽しめ、かなりオススメです!!
こちらよりサンプル動画が観覧できるので、ぜひ見てみてください♪

お勉強開始!でも・・・

とりあえず、まずはNHKの「英語であそぼ」を見せてみることにした私。
これなら特にお金もかからない。これで少しでも英語に慣れてくれればしめたものです。

ところが、実はその日まで、家ではカイが起きている時間にテレビを付けたことがありませんでした。そんなカイにとっては内容よりも動く画面のほうが面白く、テレビに近づき画面をたたいて遊び始めてしまったのです。
こりゃいかんと、テレビから離れたところに子供椅子を設置。
椅子から離れてテレビに近づいたらすぐに消す(すぐに椅子に戻ったらまた付ける)という様にしたところ、テレビに近づく癖は数日で直りました。でも、すぐに飽きて遊びに行ってしまいます。

当時の「英語であそぼ」はJBやエリックさん等が出演していた頃で、現在放映中の「えいごであそぼ(すべてひらがな)」と異なりストーリー性があり楽しい内容でしたが、内容的には現在のものより少し対象年齢が高く、1歳児には難しかったのかもしれません。

おもちゃで遊びながらでも、耳に入っていれば何もしないよりはいいんでしょうが、私は、せっかくテレビを見せるのだから(本当はあまり見せたくなかった)もっと集中して見て欲しいと思ってしまいました。
だからと言って、「ほら、ちゃんと見て!!」と強制してカイが英語嫌いになったら元も子もありません。

もしかしてアニメーションのほうが子供は好きかな?と思いつき、レンタルショップに何か良いものはないかと探しに行ったところ、アンパンマンの「0才からのやさしいえいご」というビデオを見つけ、これだ!!と思い借りてきました。番組はまだ見せたことがなかったものの、家にはアンパンマンのぬいぐるみがあり、カイはとても気に入っていたのです。

でもこれは少し失敗でした。肝心のアンパンマンがあまり出てこないのです(ガーン!!)。それに、アニメかと思っていたら、実写版の子供たちや動物の映像がほとんど。
それに、元々このビデオは、英語を知らない赤ちゃんに英語を教える為の内容ではなく、英語がある程度わかる赤ちゃんに文字の読み方を教える為のものでした。

そんなわけで、カイはまたもやほとんど見てくれなかったのでした・・・

英語を教えよう!!

息子・カイはスイス人のパパを持つ、いわゆる「ハーフ」です。

パパの母国語のフランス語や、夫婦間の基本共通語のドイツ語を聞くことがある環境ではありましたが、日本に住んでいた時期は夫が多忙だったため、割合としては90%以上が日本語で、一歳半までにしゃべれた20個ほどの単語も、当然のごとく日本語オンリーでした。多分夫の言うことはほとんど理解していなかったと思います。
なので英語には、1歳半までまったく触れることがありませんでした。

元々、私は多国語教育には興味があり、息子にはフランス語・ドイツ語
はもちろんのこと、できれば英語も自由に話せるようにしてあげたいと漠然と思っていました。
しかし、夫は多忙で時間がない。私は英語はぜんぜん駄目、ドイツ語(留学経験があるので生活に困らない程度には話せますが)も教えるほどの自信はないという感じだったので、外国語を教えると言ってもどうやったらいいか分からず、特に何もしないまま1歳半にまで成長してしまったのです。

そんな時夫が、近いうちに英語圏のある国へ引っ越すことになるかもしれないと言い出しました(結局、これは先送りになり、代わりにドイツへ行くことになったのですが)。
息子が英語を覚えるチャンス到来!!・・・と同時に環境がいきなりがらりと変わる事を意味しています。やっぱり今のうちから少しでも英語に慣れておいたほうがいいと思い、息子のために英語の先生を探すことにしました。・・・と言っても、その頃は経済的にとても厳しかったのでたくさんのお金はかけられません。

お金があまりかからない息子の英語の先生は、ずばり「テレビ」でした!!子供向けの英語教育番組やビデオを毎日見せることから始めました。(それまではテレビ自体見せてませんでした)

えーーー???とお思いになるでしょう。
テレビを見るだけで英語ができるようになれば誰も苦労しませんから・・・。もちろん、ただ見せっぱなしというわけではありませんよ。我が家ではちょっとした工夫を施しました。

その工夫とは・・・?それは次回よりお話していきたいと思います。

はじめに

我が家で息子のカイに英語教育を始めたのは、彼が1歳半の頃でした。
それまで、「英語は早いうちに教えたいな」と思っていたものの、私自身が英語は中学生レベル?ということもありなかなか英語に触れさせる機会がなかったのですが、夫が近い将来に英語圏へ移住することを考え始めたのを機に、私はやっと重い腰を上げました。

早期英語教育と言うと難しく聞こえますが、カイにとってはお勉強という意識はなく、ただ楽しんでいただけだと思います。

それでも、開始1年後の2歳半時には英語を話す(という設定にしていた)ぬいぐるみを相手に片言の英語で遊ぶようにまでなりました。(お子様をお持ちの方はわかると思いますが、2歳の男の子の言葉なんて、母国語でさえまだ片言が多いものです。)

その後転勤でドイツに住むことになり、縁あって3歳で英語ベースの幼稚園に入ったカイは、英語環境にもすぐ慣れ、数週間後にはお友達に負けないくらい英語で会話できるようになっていました(息子は元々おしゃべり!?)。

カイの英語での会話力が飛躍的に伸びたのは英語幼稚園に入ってからですが、ベースとなった入園前までの我が家の勉強法は、実はとても簡単で、日本にいながら誰でも、しかも何十万という大金を掛けることもなくできるものです。詳しくは後ほど話しします。

カイ(現在4歳)は今では日本語・英語の他に、パパが話すフランス語、ドイツ語も理解し、同じ年齢の子と比べて多少レベルは落ちるものの、会話もできます。
ドイツで生まれ、理想的な(!?)マルチリンガル環境で育っている娘のマリナ(現在18ヶ月)もすでに4ヶ国語を理解し、一番良く使う日本語は同じ月齢のモノリンガルの子に引けをとらないくらいしゃべります。

このブログでは、こんな二人の子供たちの成長の記録や、他国語教育について、書いていきます。どうぞよろしくお願いします。

Appendix

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

まりな&かいと

Author:まりな&かいと
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ